クラミジアの状況と対処方法

クラミジア症に効く治療薬を探す

クラミジア感染症に効く薬は、いくつも出ているようです。

 

個人で購入して服用するよりも、医師の診断を受けた上で、処方してもらう方が無難といえますが、ここでは全体を概観してみましょう。

 

クラミジア感染に効く薬の体系

 

まず、服用に適した口径薬としての活用されることの多いマクロライド系とキノロン系(ニューキノロン系と呼ぶ場合もあります。)、それから、注射薬として使用されることの多いテトラサイクリン系があります。

 

マクロライド系

 

マクロライド系は、妊婦にも投与が可能なため、汎用性の高い治療薬のようです。

 

特にジスロマティック(アジスロマイシン)は、一度、服用すれば、効果が約一週間も持続する有効な治療薬です。

 

これは、単体の投与で、有効成分の血中濃度が、持続するため、飲み忘れによる影響が少ないためといわれています。

 

また、同じマクロライド系のクラリシッド(クラリスロシロマイシン)は、二週間くらい服用する必要する必要があるようですが、一定期間の服用により、治療に効果があるようです。

 

ニューキノロン系

 

ニューキノロン系には、クラビット(レボフロキサシン)、スパラ(スパルフロキサシン)、グレースビット(シタフロキサシン)があります。

 

これらは、卵管まで、感染が拡大した場合に、有効なようです。

 

テトラサイクリン系

 

テトラサイクリン系の治療薬には、ミノマイシン(塩酸ミノサイクリン)、ビブラマイシン(塩酸ドキシサイクリン)があります。

 

ミノマイシンは、静脈への注射による投与により、肝周囲炎の腹痛に効果があるようです。

 

クラミジア感染症に対する治療薬

 

クラミジアに対処するための薬に関しては、どちらかといいますと信頼のできる医師の方に任せるのがよさそうです。

 

それでも、上記の三つの系列や、妊婦にも適用可能か否かや、症状が卵管や肝臓に拡大した場合等で服用する薬が違って来たりもします。

 

また、一度、服用すれば、効果が長続きするものや、欠かさず服用を続けなければ効果が出にくいものもあります。

 

いろいろな観点から、考慮の上、最適なものを選択されるのがよろしいでしょう。

 

今後も、有効な新薬が登場する可能性もありますが、まずは、これらの体系を把握したうえで、信頼のおける医師と相談し、十分、納得されたうえで、薬の服用や治療の方針を検討されるのがよさそうです。