クラミジア 症状

クラミジア感染症はどういう病気でどういう点が、問題になっているのでしょうか?

 

性病でも、AIDSや梅毒、淋病等と較べて、症状も軽いため軽視されがちかもしれません。

 

ここでは、クラミジア感染症の症状やその特徴を見ていきましょう。

 

クラミジアは性病の一種?

 

クラミジア感染症は、主に男女間の性交渉によって感染する性病(性感染症)の中ではもっとも多くみられる病気といわれています。

 

どちらかといいますと、男性よりも、女性の方が感染者が多いようです。

 

また、特に若い女性に感染者が多いようですが、このことは出産等にも影響があるため、深刻な問題となっています。

 

どういう症状があらわれるか?

 

典型的な症状としては、クラミジア・トラコマティスという病原菌が、女性の場合は、子宮の入り口にあたる子宮頚管、男性は尿道に感染して炎症を引き起こします。

 

ただ、女性の場合は、さらに子宮や卵管等他の部位に拡大したり、他の病気を誘発したり、出産に影響したりもしますので、別の項目で詳しく触れます。

 

感染に気付きにくい

 

女性でも男性での感染に気付きにくいのがクラミジア感染症の特徴のようです。

 

女性の場合は、感染初期の段階でおりものが増えるとか、下腹部に痛みを感じることもあるようですが、症状がそれほど深刻ではないためか、そのまま見過ごされることが多いようです。

 

男性の場合は、非淋菌性尿道炎の症状が出てきますが、これは、痛みが激しい淋菌性尿道炎に較べれば、症状が軽いため、自覚症状が出にくいものです、

 

感染後、1~2週間後で、尿道にかゆみや軽い痛みを感じることがありますが、症状が軽いためわかりにくいです。

 

また、膿がでることもあるかもしれませんが、透明で目立たないため、気づきにくいようです。

 

医師の診断を受け、尿道の粘膜細胞を採取して採取して検査しないとわからないという見解もあるようです。

 

クラミジア感染症とは

 

クラミジア感染症は、主に男女の性交渉や性的接触等により引き起こされる性病(性感染症)の一種です。

 

この病気は、女性は子宮の入り口の子宮頚管、男性は尿道に感染し、炎症を起こしますが、症状が軽いため、自覚しにくく、感染に気付かない人も多いようです。

 

男性よりも女性、特に若い方に感染者が多く、子宮や卵管等他の部位にも移転するため、出産等にも影響するため、問題になっています。