咽喉クラミジア 感染経路

咽喉クラミジアと感染経路の拡大

性器クラミジアは、このクラミジア感染症の典型的なケースではあるのですが、のどへクラミジア菌が感染して引き起こされる咽喉クラミジアも軽視できないもののようです。

 

ここでは、咽喉クラミジアの状況とこれを通した新たな感染経路の拡大についてみていきましょう。

 

咽喉クラミジアについて

 

咽喉クラミジアは、いわゆる風邪と症状が似ているため感染しても気付かない方が多いようです。

 

のどの腫れ、発熱、首にあるリンパ節の腫れ等の症状が出てくる場合もあるようですが、これは、風邪とだいたい同じような症状のため、やはり、特にクラミジアということでは、対処しないことが殆どではないでしょうか?

 

 

咽喉クラミジアと感染経路の拡大について

 

咽喉クラミジアは、通常のキス(フレンチキス)程度では、あまり感染しないようですが、ディープキスでは、感染の確率が著しく高まるようです。

 

また、最近の性行動の流行となっていますオーラルセックスでは、特に性器からのどへの感染も注意しなければなりせん。

 

オーラルセックスは妊娠の可能性のない手軽で心配のいらない愛の形態として人気があり、最近の流行でもありますが、性器クラミジアの方からのどへ感染したり、逆に、咽喉クラミジアの方から性器に感染したりもしますいので、これが、クラミジア感染症全体で、新たな感染経路として問題になっているようです。

 

これは、感染を察知するには、症状からだけでなく、自らの性行動を振り返って、因果関係と併せて、確認していく必要があるということになりそうです。

 

また、ディープキスやオーラルセックスについては、状況にもよりますが、通常の性交渉とは異なり、何でもコンドームで防げるというわけにはいきませので、少し熟考したうえでの慎重な性行動を取ることが重要かもしれません。

 

咽喉クラミジアは風邪との関係やオーラルセックスによる感染経路の拡大にも注意

 

咽喉クラミジアは、風邪と症状が似ていることから、その症状がでる直前の性行為をディープキスやオーラルセックスを含めて勘案したうえで、心配な場合は、医師の診察を受け、検査する必要がありそうです。

 

また、予防のためには不特定多数との性行為やディープキスやオーラルセックスのようなものも控え、健全な生活をおくることが大切ですが、これは、個人の価値感にも関わりますので、状況を踏まえた上での適切な対処方法をとられることをお薦めします。